20代で老け顔!?モイストリフトプリュスセラムを使って老け顔対策!

顔の肌は年齢を重ねてくるとどうしてもたるみが目立ち始めてきます。

 

 

ほほのたるみや目元のたるみ、それにほうれい線なんかも…。

 

そんな肌のトラブルといえばやはり30代を超えてくると感じてきてしまうものです。

肌がたるでいる状態で、時間をかけてメイクをしたとしても老け顔にみられてしまいがち。

 

20代の若さでもよく老け顔に見られるという方もますよね。

 

実は肌のたるみって20代からすでに始まっています…。

信じたくはありませんが、それが現実なんですね。

 

肌のたるみの原因を見てみると、

筋肉が衰えてくる

年齢を重ねている

肌がよく乾燥している

紫外線を多く浴びている

 

 

この4つが肌のたるみの主な原因です。

 

<筋肉が衰えてくる>
年齢を重ねてしまうとどうしても筋肉の衰えが進行してしまいます。
顔には様々な筋肉がついており、その筋肉があるおかげでいろんな表情を作ることができるのです。
この顔にある様々な筋肉が衰えてくると肌のたるみの原因につながります。

 

<年齢を重ねている>
年をとってしまうと肌の水分量が不足してきて、肌のハリを感じなくなってしまいます。
水分量の不足、肌のハリがないことで肌のたるみにつながっていきます。

 

<肌がよく乾燥している>
肌の水分量が不足してくることで肌が乾燥しやすくなります。
肌が乾燥している状態が長く続けば肌の防御機能がどんどん低下!
肌を守る機能が低下することで肌はさらに乾燥した状態になります。
長く続けばシワやたるみの原因になります。

 

<紫外線を多く浴びている>
紫外線を浴びることで体内の活性酸素が増え、皮膚の老化を進行させる原因となります。
皮膚の老化が進行すればたるみやシワの原因になります。

 

肌のたるみ対策を始めたいなら肌のたるみが進行してしまう原因を知ることは大事です。

 

原因を知ることで肌のたるみ対策が行えますからね。

 

この原因が分からなければ普段から意識して対策なんてしないと思うので、20代という若さでもどんどん肌のたるみが進んでしまう可能性が高いですよね。

 

20代の頃の筋肉というのはまだまだ弾力がある強い筋肉ですが、それでも意識して動かさなければすぐに筋肉量は低下していきます。

 

顔にある筋肉は表情を作る筋肉で、ひとくくりにしてよく表情筋と呼ばれます。

この表情筋は顔の表情をコントロールする筋肉のことで、動かさなければ衰えも早いです。

 

できるのであれば、普段から意識して顔の表情を作ることをお勧めします。

意識して動かすのと動かさないのとでは効果の出方は全く違ってきます。

 

表情筋を鍛えるのは自宅でいつでもできるので意識して動かすようにしてみたらどうですか?

 

口周辺の筋肉を鍛えるのに「あ・い・う・え・お体操」というのがあり、この体操はけっこう知られた体操で、簡単なのに効果を感じやすいというのが特徴です。

慣れてくれば車を運転しながらでもできる体操ですよ。

 

口周辺の筋肉を鍛えると、ほほのたるみ対策につながりますので、ほほのたるみが気になる方には最適な運動です。

この体操はたとえ年齢を重ねていたとしても効果がありますので、ぜひ一度試してみてくださいね。

 

表情筋を鍛えるのと同時にモイストリフトプリュスセラムを使えば、より高い効果を実感することができます。

 

モイストリフトプリュスセラムは塗るだけで十分な効果が実感できますが、こういった体操も取り入れることで、さらに高い効果が期待できますよ。

 

ほほのたるみや目元のたるみが起こってしまうと実年齢よりも確実に老けて見られます。

実年齢よりも老けて見られたいと思う女性なんていませんよね。

 

モイストリフトプリュスセラムで肌のたるみ対策をするのも効果的ですが、
普段の生活で表情筋を動かすことを意識してすごすようにしてみてください。

 

表情筋を鍛えるのと同時にモイストリフトプリュスセラムも有効に活用してくださいね!

 

実年齢よりも10歳も老けてみられる!

なんてことがないようにいつまで若く見られるよう意識してください。