目の下のクマをモイストリフトプリュスセラムで無くせる!?

 

目の下にクマがあると老け顔に見られたり、体調が悪そうな表情に見えたりして女性ならどうしても気にしてしまいます。

目の下にできてしまうクマの原因といえば寝不足であったり、ストレス、疲労、体調不良、眼精疲労というのが主な原因です。

 

あと不規則な生活を続けていてもクマができてしまいます。

 

でもいくら睡眠をしっかり取ってもなかなかクマがなくならない…。

この無くならないクマってどうしたらいいんだろ…。

 

目の下にクマができてしまうと寝不足というイメージが大きいと思いますが、クマの原因って寝不足だけではないんですね。

 

クマは大きく分けると3種類ある!3種類のクマの違いって何!?

目の下のクマというのは大きく分けると3つに分けることができます。

その3つとは、「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」です。

 

この3つのクマの違いって一体何?

 

青クマは主に目の周辺の血行不良によってできてしまうクマのこと。

黒クマは皮膚のたるみによってできてしまうクマ。

そして茶クマは皮膚の色素沈着によってできるクマのことです。

 

青クマができる原因は血行不良によってできるクマなので、10代でも目の周辺の血流が悪ければできてしまうという特徴があります。

 

黒クマと茶クマは皮膚のたるみが原因であったり、皮膚の色素沈着が大きな原因になるので、30代以降に出てきやすいクマです。できるなら有効な成分を肌に与えてクマの対策をしておきたいところですね。

 

一般的にはやはり青クマの比率が圧倒的に多いです。

 

寝不足が続いている、毎日忙しくて疲労やストレスがたまっている等の理由で目の周りの血流が悪くなり発生してしまいます。

 

たとえ10代であっても血行不良が起こってしまえばこの青クマはできてしまいます。

 

青クマは10代でも起こるのが特徴のクマです。

 

血行不良が原因で起こるクマなので青クマの解消するにはやはり目の周りの血液の循環をよくする必要があります。

血液の循環をよくするマッサージで目の周辺の筋肉をよくほぐすだけでもクマ対策には有効です。

ホットタオルで目の周りの筋肉をほぐして血液の循環をよくするのもいいですね。

それと血液の循環をよくするのと同時にコラーゲンを摂取するのも最適ですよ。

 

でもクマのことで悩んでいる方の中には十分な睡眠やマッサージをしてもなかなかクマがなくならないという方も多いです。

 

そんな時は血液の循環をよくしてくれる成分を直接目の周りの筋肉に与えてあげるというのも一つのポイントです。

 

肌に有効な成分を与えてあげればそれだけ効率よくクマ対策ができますからね。

 

モイストリフトプリュスセラムは肌のたるみ対策に有効な美容液ですが、成分を見てみるとクマ対策にもかなり有効な美容液というのが分かります。

 

モイストリフトプリュスセラムの全成分

水、グリセリン、BG、スクワラン、酒石酸ジメチルエタノールアミン、カルノシン、ポリアクリルアミド、水添ポリイソブテン、チオクト酸、アセチルヒアルロン酸Na、トコフェロール、サクシノイルアテロコラーゲン、パルミチン酸レチノール、ナイアシンアミド、オレンジ油、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ジメチコン、シア脂、ラウレス-7、PEG-60水添ヒマシ油、フェノキシエタノール、1,2-ヘキサンジオール

 

 

モイストリフトプリュスセラムの成分の中にはチオクト酸という成分が配合されています。

このチオクト酸という成分は、α-リポ酸という呼び方でも呼ばれており、くすみ対策、酸化防止や血液循環の改善に有効なんです。

 

血液循環の改善に有効ということなら、当然ならがクマ対策にも効果的!

 

マッサージと同時にモイストリフトプリュスセラムで目の周辺の血液循環をよくすることができれば、それだけクマが解消できる可能性が高くなります。

 

それにモイストリフトプリュスセラムにはクマ対策に有効なコラーゲンも配合されていますからね。

 

「血液循環をよくする」、「コラーゲンを与える」この2つの対策が青クマには有効ですが、モイストリフトプリュスセラムなら1本でこの2つの対策が行えるので、目の下のクマ対策にも最適な美容液ですよ!

 

>>引き締め効果!ハリ改善★モイストリフトプリュスセラム