モイストリフトプリュスセラムですぐに効果が出る人と出ない人の違いとは?

モイストリフトプリュスセラムはリフトのたるみや目元のたるみ、肌のハリが不足していると感じている方がよく使っている美容液です。

 

 

 

口コミを見ていてもすぐに効果があった!という意見もあれば、なかなか効果を感じることができなかったという意見もあり、どっちの意見が正しいのかちょっと気になります。

 

当然人によって効果の出方が違ってくるというのは理解できますが、すぐに効果が現れる人となかなか効果がでにくい人って何か違いがあるのか?

 

 

 

効果がすぐに現れやすい方

最近になって目元や顎の肌のたるみが気になり始めた方

なんとなく肌のハリが不足してきたなぁと感じてきた方

 

なかなか効果が現れにくい方

肌のたるみが気になっていたけどケアをせず放置していた方

以前からケアしているけど間違ったケアをしてきた方

 

この効果が現れやすい方となかなか効果が現れにくい方の違いに気づきましたか?

 

効果がすぐに現れた!という方の多くが以前からではなく、最近たるみやハリ不足が気になってきたというが多いんですね。

 

逆に効果がなかなか現れにくい方というのは、以前からたるみやハリ不足が気になっていたけど、あまりケアをしていなかった、またはうまくケアすることができていなかったという方なんです。

 

年齢で例えると、30代で肌の悩みを感じ始めた方と50代で前から肌の悩みを感じていた方の肌を比べると、やはり肌の衰え方に違いがあります。

 

もちろん50代だからといっても正しいスキンケアを行っていれば30代の方の肌よりも若々しい肌の方もいます。

 

 

しかし割合で言えばやはり年齢を重ねている分、30代の方よりも50代の方の方が肌の衰えが進行しているのは事実だと思います。

 

肌の衰えの進行が進んでいる方ほどやはり効果が現れにくいのは仕方がありません。

 

では肌の衰えが進行している方がモイストリフトプリュスセラムを使っても意味がないのか?

 

いいえ、そういう訳ではありません!

 

 

モイストリフトプリュスセラムは塗るとDMAEの効果によって神経伝達を活性化させることが期待できます。

 

 

神経伝達が活性化されると塗った箇所の肌の筋肉の収縮活動が活発になるので、たるみの改善やハリの回復に効果があるわけです。

 

たとえ肌の衰えが進行している場合でも筋収縮が活発になることで時間がかかったとしても肌のハリを改善するのに最適なんですね。

 

筋肉というのは完全に衰えてしまっている状態から回復させるのにどうしても時間がかかってしまいます。

 

ブヨブヨのお腹を引き締めようと思い腹筋運動をしたけど、すぐに腹筋が引き締まらない!どうして!?

 

 

当然ですよね。

 

ブヨブヨなお腹を引き締めようと思えば、やはり毎日ちゃんと腹筋運動を継続しなければいけませんよね。

これは顔にある表情筋にも同じことが言えるんですね。

 

ただし腹筋と表情筋は筋肉量に大きな違いがあるので、比較的小さい筋肉群である表情筋は鍛えれば大きい筋肉群に比べると効果の現れ方は早いです。

 

モイストリフトプリュスセラムを使っても効果を感じない!という方は、まずは継続して使ってみることを目標にケアを頑張ってみてはいかがですか?

 

 

 

2017年10月1日 モイストリフトプリュスセラムですぐに効果が出る人と出ない人の違いとは? はコメントを受け付けていません。 モイストリフトプリュスセラム